結局POD K8とK4って何が違うの?!どっちがいいの?!


皆様こんにちは!みんなの膝を守りたい瀬戸店いちこです(*’ω’*)

PODって二種類あるけど何が違うの??って思ったことありませんか?

最近よく聞かれるのでまとめてみようと思います!

その前にPODってなに?!ニーブレースってなに??って人はこちらを読んでね♡

ニーブレースについて本気出して考えてみた。

基本的にはどちらも膝をしっかり守ります

写真を見てもらうとわかると思いますが、どちらも形は同じです。つまり膝を守るための仕組みは同じなんです。

今日ダートフリークのナカノヒト「Tさん」に教わるまで知らなかったのですが、K8の廉価版がK4だそうで…。

完全に逆だと思い込んでました…(;^ω^)

K4の高級品がK8なんだろうなぁ~って、思い込みってコワいですね…気を付けよう…

調べてみるとPOD K8 2.0発売が2018年K4 2.0の発売が一年遅い2019年

先にプロユースなK8が出て、そこから機能を落とさずに手に取りやすくなったK4が誕生したわけです(*’ω’*)どやっ

明らかな違いはフレームの素材

K4の素材はグラスファイバー(*’ω’*)しっかり強いのにお手頃価格にできる秘密はここにありました(それでも決して安くないケド…)

特許取得済みで医学的に認定された K4 ニーブレースは、手頃な価格の製品で膝の怪我の発生率と重症度を軽減することが臨床的に証明されています。ですって!

一部の国では医療用として認められているなんて、安心感しかない…!

そしてそして

K8の素材はカーボン!何層もカーボンファイバーシートを重ねて成型していてかなり強い。

カーボンって高い!強い!軽い!ってイメージですが本当にその通りで、鉄と比較したときにも比重で1/4の軽さで比強度で10倍強いらしい…すごいですカーボン。
実際に触ってみるとK8の方がカチっとした印象があります。

サイズ展開も違います

K8

S・M・L・XL

K4

YOUTH・XS/S ・ M/L ・ XL/2XL

 

K8は4つのサイズ展開でフィットしたフレームが選べるのが特徴、K4は基本一つのフレームで2サイズをカバーできます(*’ω’*)

K8だとヒンジ裏のパッドは薄い物が入っていて、K4は厚い物と薄い物が入っているのでパッドで調整する形ですね!

K8ではSサイズからXLサイズなので、小柄な女性や、まだ大人用だと大きすぎてしまうジュニアライダーにはK4がオススメです!

Kシリーズ共通でフレームスペーサーが付いているので、フレームと足の間に隙間が出来てしまう人はフレームスペーサーで調整してあげてくださいね!

価格の差はどのくらい?

定価がわかりやすいかなと思うので一旦定価で比べてみます。

POD K4 2.0 ニーブレース ブラック 左右セット

定価:¥91,300 (税込)

 

K8 2.0 ニーブレース 左右セット

定価:¥137,500 (税込)

 

価格差¥46,200(税込み)( ゚Д゚)

今回はわかりやすく定価で比べてみましたが、ダープラ各店舗やオンラインでの販売価格はもう少しお安いです(*’ω’*)

さらにセールのタイミングを利用すればかなりお得に買えちゃいますよ♡

まとめ

今回POD Kシリーズの違いを色々調べた結果どちらもとても良い製品だというのがわかりました。医療グレードのものをスポーツで快適に使えるようにしてあるって凄いですよね。

軽くて強くて快適なニーブレースをつけて沢山遊びたいな~!PODって実はバイクだけじゃなくて他のアクティビティでも使えるんですって!さすが!

これからニーブレースを買おうかなという方は、予算や膝のサイズに合わせて使用するニーブレースを選ぶといいかなと思います。

ニーブレース選びに迷った方はぜひダートバイクプラス各店舗へお越しください♡皆様のニーブレース選びをお手伝いいたします!

みんなの膝を守りたい!いちこでした~(*’ω’*)ノ

ダープラオンラインのPODページはこちら

お暇な方はこちらも読んでネ!

ニーブレースを見直そう!

腰が痛い

 

 


関連記事