腰が痛い


人類の皆様こんにちは。ギックリ神の寺尾です。
先日私はギックリ腰になってしまいました。きっと神の与えた試練だと思います。

筋トレでやらかしたギックリ腰のため症状として「重い」のか、
もう37なので治りが遅くなっているのかわかりませんが、一週間経ってもまだしんどい腰と戦っています。
そんな僕が今手放せないアイテムがこちらです。


DFGアクシスライディングベルト 通販はコチラ

これはとても良いベルトです。まず、プロテクターの類が付いていません。
これはモトクロス用として利点でも欠点でもあるのですが、
腰のサポートという点ではプロテクターは無いほうが具合が良いです。
(打撃からの防御という点ではもちろんプロテクター付きの方が良いですよ。)


プロテクターが無いので着用していて異物感がありませんし、普段使いも全然OKです。
MXパンツのサイズ感にも影響はないでしょう。

解説画像にもあるように、6本の支柱が腰をしっかり支えてくれます。
これがとても頼もしい。例えると、背後から両手で支えてもらうような感覚ですね。
ぎっくり腰nowの僕にはとっても心強いアイテムなのです。


ベルトの下部はお尻の形に合わせたカーブを描いた形状になっています。
この商品のコダワリポイントですね。
他社製品ですと、ここは直線的な形状のものが多く、試していただくと違いがわかりやすいポイントかと思います。


このベルトですが、サイズが長さ違いと上下幅の違いで計4種のラインナップがあります。

長さはずばりウエストのことを指し、S/Mが28-32インチに対応、L/XLが34-38インチに対応しています。
ちょっとわかりにくいのは上下幅だと思います。ベルトの中心部を測ると6インチで15cm、8インチで19cmとなります。

どっちが良いの~?と言うと身長にもよるのですが、
サポート力が欲しいなら8インチですね。ベルトが覆う面積が広いので「コルセット感」が強く出ます。
一方で、ダウンヒルなどで腰を大きく引く状況ではベルトが邪魔になるかもしれません。
その場合は6インチがオススメです。腰を引いても身体の動きを阻害しません。
一応の目安としては、身長180cm以上の方は8インチが良いかなと。

多くのベルトはこうした上下幅まではラインナップを分けていないので、この点でも
このベルトがフィット感を重視していることがわかりますね。

腰椎ベルトの効果はこうした腰のサポートはもちろん、
外から強制的に腹圧をかけてくれるので、体幹がガッシリするメリットがあります。
ウェイトリフティングの選手が大きな革のベルトを締めてるのと同じね。

モトクロスならちょっと強めに圧かけておくと身体の動きが変わると思いますよ。
エンデューロなら少しだけ緩めに。疲労感が軽減されると思います。

腰が痛い人も痛くない人もおススメです。

通販はコチラ


関連記事